仕事の学校

営業系

高校時代から、ずっと将来のことをイメージした方がいい。

  • 細川 元広
  • 松田医薬品(株)
  • 岡豊高校
  • 京都学園大学
問1
高校時代の将来の夢は?
  • 医療関係の仕事に就きたい、健康に携わる仕事に就きたいと思っていました。祖母が足が悪かったので自分が何かしてあげたいと考え、健康に役立つ職種に就きたいと思っていました。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 大学に進学することにしました。親元を離れて、20歳になるまでに自立心をつけたいと思い、県外の大学へ進学しようと思いました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • 岡山に行くか京都に行くかで悩みましたが、初めから行きたかった京都に決めました。就職活動では、恥ずかしいという思いがあって、企業の話を聞いたり、企業情報を調べたりすることがうまくいかず、わからないまま動いてしまいました。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 県外がどんなものかわかって、「やっぱり高知がいい!」と思ったから。長男ということもあったし、就職するなら自分の肌に合った高知で、と思いました。今の仕事は、高校時代あこがれていた仕事にやや近いかなぁ。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • もう少し将来のことを考えていたらよかったと思います。もう一度大学からやり直したいくらいです。