仕事の学校

営業系

積極的に資格を取得しておくと選択肢が増えると思います。

  • 植野 穂菜美
  • (株)フードプラン
  • 高知商業高校
問1
高校時代の将来の夢は?
  • 人の世話をするのが好きで、高校では男子バスケットボール部のマネージャーをしており、働く場合も人の世話や役に立てるような事をしたいと思っていました。高校で行われた就職セミナーの時にホテルマンやウエディングプランナーの仕事を知り、憧れるようになりました。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 専門的な知識を付けたほうが就職に有利になると思ったので専門学校を探しました。でも、結局専門学校には行かず高校就職を目指しました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • ホテル関係の県内企業を受けましたが、結局採用には至りませんでした。そこで、学校の授業で勉強した簿記などの事務系のスキルを活かした仕事に就こうと考えました。その中にフードプランがありました。家から遠いなど、働く上で不安はありましたが、それほど悩みませんでした。ただ、先生や親からは少し心配されましたね。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 事務職としての採用でしたが人手が足りないこともあって、最初は工場作業にも入って欲しいと言われました。でも、やはり高校で勉強した事を活かした仕事をしたかったので、親とも相談し、はっきりと事務の仕事を最初からやりたいと伝えました。そうしたら、最初から事務職で採用しますと言っていただきました。親と自分の主張を受け入れてもらえたことはすごく嬉しかったですし、改めてここでやっていこうという思いになりました。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • 資格をちゃんと取れば良かったですね。周りに比べてあまり資格を取れていなかったので、もっと頑張って勉強して、仕事で使えるスキルを身につけておけば良かったと思います。実際に働いてみて思うことは、事務職は想像以上に大変だということです。決まった仕事をやるのはもちろんですが、自分なりに工夫して仕事をするとか、新しい事に挑戦しないとダメです。事務職を目指すのであれば、心構えも含め何を勉強して、どんな資格を取ればいいのかを考えて、しっかり勉強して欲しいと思います。