仕事の学校

事務系

簡単に諦められるのは本当の夢ではない。

  • 片岡 優貴
  • ザ・クラウンパレス新阪急高知
  • 岡豊高校
  • 高知情報ビジネス専門学校
問1
高校時代の将来の夢は?
  • 漠然と高校教師になりたいと思っていました。小学校時代から学校が楽しくて、行事などチームワークで目的を達成する喜びを大人になっても持ち続けたいと思ったのが理由ですね。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 教師になるには大学進学が必須だと考え、高校2年から大学進学コースを選択しました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • 志望校進学に向け自分なりに勉強を頑張っていたのですが、数回の模試の結果で進路変更を考えました。簡単にあきらめられるなら本当にやりたい仕事じゃないんだと思い、自分は将来何をしたいのか真剣に考えました。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 一つの目標に向かって力を合わせ達成する喜びを得ることは、どんな会社に就職しても同じだと考えたからです。
    その中で経理はどんな業種の会社にも必要な部門だと思いました。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • 偉そうかも知れませんが、高校時代はまだ自分を守ってくれる人がいる年代です。興味のあることには周りの目を気にせず全力を注いで欲しいです。
    また、就職は職場環境も大事です。当社では他部署の先輩でも気さくに話しかけてくれ和ませてくれます。社員同士が互いに気配りをしていて、自然と自分もそうなりたいと思える環境にいます。