仕事の学校

営業系

結果的に大学進学で進む道を見つけました。

  • 松田 美幸
  • 四国労働金庫
  • 高知小津高校
  • 京都産業大学
問1
高校時代の将来の夢は?
  • 高校生の頃は、テレビドラマの影響でブライダル関係の仕事が華やかで素敵だなと思っていました。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 高校2年生のときにオープンキャンパスに行くことが学校の方針だったので、その際ブライダルが学べる県内外の専門学校2〜3校を訪問しました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • ブライダルの仕事に直結している専門学校か、大学への進学かどちらにするか迷いました。私は専門学校を希望していましたが、両親や高校の先生からは、4年制大学へ進学して視野を広げながらゆっくり将来を考えることを勧められました。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 友人も大学への進学が多かったことと、模擬試験なども自主的に受けていたこともあり大学への進学を決心しました。大学に進学してもブライダル関係でアルバイトをしたり、その経験から就職することも可能だと気持ちを切り替えました。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • 高校生の頃、「早く大人になりたい」となぜか気持ちばかり焦り、早く働いて独り立ちしたいと思っていました。今思えば、もっといろいろな人と出会って、視野を広げることに時間を費やすと良かったと思います。大学ではサークルやNPOの活動など、多くの経験を積んだことから自分のやりたかったことに気付くことができました。
問6
現在の仕事の魅力は?
  • 私は大学で学んだことやサークルなどの経験から非営利企業への就職を希望していました。当庫は営利を目的とせず、働く人を応援するための機関なので、私のやりたかったことが実現できる場所でした。地域性もありお客さまも親しみを持って接してくれています。
問7
現在の仕事における目標は?
  • 今は覚えることが多くて大変ですが、いずれはこの人に相談したいと頼られる存在になりたいです。まずは、資格取得のため勉強と経験を積むことが今の目標です。