仕事の学校

技術系

欲張って二兎を追いかけてみました。

  • 下元 斐南子
  • (株)ビルボ
  • 岡豊高校
  • 倉敷芸術科学大学
問1
高校時代の将来の夢は?
  • デザイナーの家系ということもあり、一つ目はグラフィックデザイナー、二つ目はバスケットボールの先生です。中学生からバスケットボール部で副キャプテンをし、インターハイ出場や、大学ではキャプテンで全国大会にも出場しました。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • バスケも強くてデザインの勉強もできる学校を探していましたが、案の定見つかりませんでした。デザイン一本にするべきかと県内の専門学校へ進学を考えていた矢先、顧問の先生からバスケを続けるように強く勧められ、まさに両者そろった大学を紹介してくれました。一日入学を体験し、この大学への進学を決めました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • 初めての県外での一人暮らしにとても不安がありました。しかし、入学体験の時バスケ部員で貸し切り状態になっているアパートに空き部屋があることを知り、そこなら友達も早くできるだろうと不安が少し解消されました。しかし、入学後一ヵ月間はホームシックでした。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • やはり顧問の先生のバスケを続けろという熱意ですね。私にだけ電話があり、未だになぜそこまで勧めてくれたのか分かりませんが…。でもそのお陰で県外に出て親の大切さも分かり、現在があるので本当に有り難いです。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • そのままで大丈夫ですよ、かな。何か始める前にはいつも二の足を踏むのですが、いざやってみるとどれも楽しかったので、そのままで良いのかなと思います。まわりの人に恵まれてきたことと、比較的何事にも一生懸命になるタイプだからでしょうか。
問6
現在の仕事の魅力は?
  • 広告はいくつかの部署と連携して創られます。みんなで1つのことに向かって協力しながら取り組むところが楽しいです。また、弊社は東京と大阪に支社があり、毎日3社全体でスカイプを使って朝礼をしています。この機能があるので、3社で協力してより大きな仕事を距離感なくできています。
問7
現在の仕事における目標は?
  • 先輩方を越えることです。作業にはスピードも必要なので、会社で行う勉強会は貴重ですし、もっと経験を積んで早く先輩の力になりたいです。この仕事で一番大切なことはコンセプトを考えることです。そこから何をどう伝えるか考え絵にしていきます。完成するまでが仕事ですので妥協はできませんが、社員同士が協力し合い切磋琢磨しています。