仕事の学校

技術系

仕事は、全て基本が大事、そして初心を忘れずやり遂げること。

  • 敷地 陽菜
  • (株)南国製菓
  • 高知農業高校
  • 国際デザイン・ビューティカレッジ
問1
高校時代の将来の夢は?
  • マンガ家やイラストレーターなど、絵を描く仕事に就きたかったです。小さい頃から絵を描くのが好きでした。(ちなみに、現在も絵を描いています)
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 2年生の時にマンガ研究部へ入りました。3年生まで、「高農フェスタ」で、フェスタのポスターを制作したり、皆で描いたマンガや絵を冊子にしたりして活動。卒業後はマンガが学べる専門学校へ進みました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • 高校では食品ビジネス科だったので、食品関係にも進めたらと思っていました。でも、絵も好きなので、専門学校のマンガ科へ進学。高校卒業後すぐ就職する準備はできてなくて、まず専門学校へ行って、自分の力量も知りたいと思ったのです。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 基礎からマンガを学べることに魅力を感じました。描き方を一から教えてもらったこともなかったですし。学校の説明会などを経て決めました。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • もっと積極的に周囲の人と関わってほしいと思います。途中で止めてしまうことも多かったのですが、就職してから、一つのことを続けていくうちに、できることが増えてきました。いまの自分があの頃に戻れたら、最後までできたのにと思うこともあります。
問6
現在の仕事の魅力は?
  • お菓子の製造部門で包装を担当しています。製造業の魅力は、未経験の人でも一から教えてもらえて、仕事が担当できること。包装した商品をスーパーなどで見ることもあります。最初は厳しい雰囲気だろうと思いましたが、悩みを聞いてもらったり、優しい人が多いです。
問7
現在の仕事における目標は?
  • やはり、基礎が大事。教わったことをきちんと手を抜かずにできることが目標です。責任の大きい食品の仕事をやり抜くと、成果が見えてきます。初心を忘れず、2年3年と励んでいきたいです。