仕事の学校

その他

事件、事故は悲しむ人を生むから、それを一人でも減らしたい。

  • 前田 まお
  • 高知県警察本部
  • 土佐女子高校
  • 環太平洋大学
問1
高校時代の将来の夢は?
  • 将来の夢は保育士になることでした。通っていた保育園に大人になった今でも毎年新年の挨拶をするほど大好きな先生がいて、その先生の影響が大きな理由です。また、私には弟が二人いてその世話を通じて成長を見ることがとても楽しかったこともあります。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 保育士になるため進学したいと思いました。また、中学時代から続けているバスケットボールを進学してからも続けたかったので、両方が盛んな学校を探しました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • 県内に保育科のある学校は指定校推薦の倍率がとても高かったこともあり、県外に目を向けましたが希望を満たす学校を探すことはとても難しかったです。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 進学後、公立の保育士を目指し、公務員試験の勉強をしてきたこともあり、就職支援課の先生から警察官という職業の魅力を教えてもらいました。部活で培ってきた体力も活かせますし、地域の子どもたちとの関わりも多いと知り、警察官になりたいという思いが強くなりました。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • 県外の大学に進学して、全国から集まった人と部活や勉強をする中で力不足を痛感しました。高校時代にもっと高い目標をもっていれば、「文武両道」と言われるくらいになれたのではと思います。
問6
現在の仕事の魅力は?
  • 巡回パトロールをしているときに「ありがとう、おまわりさんが来てくれたら安心する」と言ってもらえたとき、この仕事を選んで良かったと思います。また、昨今は女性警察官も活躍できる場が増えてきました。出産後、職場復帰をして家庭と両立しながら頑張っている方も多くいます。
問7
現在の仕事における目標は?
  • 将来の目標は「白バイ隊員」です。学生の頃、知人が事故で命を落とし悲しい思いをした経験から、少しでも危険な運転を減らし事故の被害者や加害者、そしてそのご家族等、一人でも悲しい思いをする人を減らせられたらと思っています。
    また、地域の方に安心した生活を送ってもらうためにも、巡回では情報提供をお願いしています。地域の様々な方と信頼関係を築くこと、そして多くの情報の中から事件解決のヒントになる情報にアンテナを張れるように頑張っています。