仕事の学校

その他

仕事に就いて5年。まだまだ工夫も引き出しも足りないと反省。

  • 勝間 賢
  • 大津東保育園
  • 高知高校
  • 龍馬看護ふくし専門学校
問1
高校時代の将来の夢は?
  • 高校時代は反抗期もあり将来の夢を考えることがありませんでした。それが、高校3年生の半ば頃、周囲の友達が就職や進学の進路を決め始め、「自分のやりたいことは何だろう」と思い始めました。そんな中で、子供のころに友達の弟や妹の面倒を楽しく見ていたことを思い出し「子どもと関わる仕事も面白いのかな」と思うようになりました。
問2
その夢に向けて、あなたは何をした?
  • 自分が卒園した幼稚園で、同級生のお母さんが副主任をしていることを知り、さらにその方は私が在園中、担任の先生だったことを知りました。そこで園に電話をして「話をお聞きしたい」とまずは相談に行くことにしました。その担任の先生は私のことを憶えていてくれて「幼稚園の先生になるなら大学や専門学校で専門的に学ぶことが大事」と、進路や仕事について親身に相談に乗って頂きました。進学してから実習などを通して、専門的な知識や経験の必要性を身をもって知りました。
問3
高校時代、進路決定で悩んだことは?
  • 周りの友達が就職や進学が決まっていくとき、少々焦りがありました。方向性が決まってからは、龍馬看護ふくし専門学校への進学を決めたので、特に悩むことはありませんでした。
問4
進路を決定した理由、きっかけは?
  • 母園の担任の先生に会いに行ったとき、卒園から十何年も経ち、ちびっ子だった子どもが背も伸びて、外見も違うのに憶えてくれていたことにとても感動しました。そんな先生を見て、関わった子どもたちが大きくなっても私を憶えていてくれて慕ってくれる、そんな先生になりたいと思い進路を決めました。
問5
高校時代の自分に、現在の自分がアドバイスするとすれば?
  • 「もっと勉強しなさい。社会に出て役立つこと身につけなさい」ですね。子どもたちに絵本の読み聞かせをしているときに、人物の気持ちになって読むことができたり、子どもに伝えられる事柄が増えると思います。また、細かい掃除などが苦手だったり、社会性ももっと身につけておけばよかったと思います。
問6
現在の仕事の魅力は?
  • やはり子どもの成長を間近で見られることです。長く園にいる子どもは朝から夕方まで、親御さんよりも長く一緒にいることになります。そんな子どもたちが、発表会で言えなかったセリフが言えるようになったり、ボール遊びができなかったのがサッカーを楽しめるようになったりと、できなかったことができるようになる姿、小さな成長を間近で見られると嬉しくなります。
問7
現在の仕事における目標は?
  • この仕事を始めて5年目になります。保育雑誌やインターネットで検索して、子どもたちを楽しませる面白い遊びなどを探して実践しますが、どうしても以前やったものと似た遊びになってしまいます。先輩の保育士さんを見ていると、面白いことがすぐに思いつくし、バリエーションも豊富なので子どもたちも本当に楽しそうにしています。先輩を見習って、もっとアイデアと工夫のある保育士になっていきたいと思っています。